スポンサーリンク

期間工にチャレンジする勇気が出ない?だったら期間工より楽で家賃水道光熱費無料のリゾバ!!

【架空期間工日記】自動車期間工になって一番不思議なこと

自動車期間工になって常日頃思うことがある。

それは

「車ってめちゃくちゃ高いのに毎日何百台と作るほど売れるのヤバくないか?」

ということだ。

自動車期間工になると、毎日何百台と車を製造する。

もちろん時期によって生産量は上下するが、それでも数多くの車を毎日製造することに変わりない。

しかし、よく考えてみてほしい。

車というのはとても高いものである。

軽自動車でも新車なら普通に100万円超えるし、ミニバンやハイブリット車とかになると300,400万円超えてくる。

そんな高いものを毎日何百台も作らないといけないほど売れるのだ。

日本だけでなく海外にも売るとはいえ、日常生活において車はかなり高い買い物である。

こんな高い物をポンポン買えるくらい、お金のある人が世の中にはたくさんいるということなのだ。

そう考えると実に恐ろしい。

僕は30年以上生きてきて一度も自分で車を購入したことはない。

社会に出てから10年以上、車を買うどころかまともに生活できない給料しかもらえないのにバカみたいに働かされるブラック企業で消耗していたからだ。

車を買う?そんな金あるわけないだろの世界である。

生活するのがやっとで、期間工を始めるまで10万円以上貯金できたことすらないくらいなのだ。

車を買うなど夢物語もいいところである。

ちなみに期間工を初めて以降も車はまだ買っていない。

置く場所がないし、今現在お金はあっても将来どうなるかわからない立場であることに変わりないわけでそんな状態でローンを組んで車を買うなどまず無理だからだ。

毎日何百台と車の製造に関わっていると、この世でまともに車を買えないのは自分だけで実はみんなミニ四駆を買うような感覚で車が買える人たちばっかりなのではないかと思ってしまう。

そんなことを考えながら今日も僕は車を作る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました