スポンサーリンク

期間工にチャレンジする勇気が出ない?だったら期間工より楽で家賃水道光熱費無料のリゾバ!!

【架空期間工日記】ガチで緊張した期間工の応募

ついに勇気を出して期間工に応募した。

ネットで調べると「キツい」「人間がやる仕事じゃない」というやばい書き込みと「稼げる!」「貯金額が1000万超えた!」「人生立て直せた」という書き込みが二分しており、不安の中応募することにした。

正直不安しかなかったが、自分の人生を根本的に変えるにはこれしかないと思った。

自分が社会に出るときは就職氷河期で内定取り消しの嵐が吹き荒れる中だった。

そのせいで貴重な新卒きっぷをクソブラック企業に捨ててしまった。

しかもそれ以降もブラック企業を渡り歩く羽目になり、20代は棒に振ってしまった。

不思議なもので一度ブラック企業に入ってしまうと、仮に転職しても転職先もブラック、その先もブラックなんてことがよくある。ブラック企業経験者なら誰もが納得してくれるはずだ。

まともにブラック企業で働いたことない人からすれば、ブラック企業に入ったと思ったらすぐに退職して次行けばいいじゃんと思うかもしれないがそう単純ではないのだ。

自分なりにブラック企業生活から抜け出そうとあれこれ頑張ったり試行錯誤したが結局ダメだった。

そして気づいた。あまりにも自分の努力が報われなさすぎるのだ。

その原因はなんだ?自分が今いる環境が足を引っ張っているのではないか?

人間変わるためには決意したり気持ちや考えを変えるだけではだめで、環境を変えるしかないとどこかの本で読んだ。

自分が今いる環境が自分に合ってなくて、結果として自分の努力や頑張りを帳消しにしているのではないか。

それだったら早急に環境を変えるためにすぐに行動しないと、20代どころか人生そのものを棒に振ってしまう。

ここで多少不安や恐怖があっても環境を変えるために行動しないといけないのだ。

それが実現できる方法として、僕は期間工という働き方にたどり着いた。

応募の電話からの面談

とりあえず調べてみると期間工の紹介を行っている有名どころの会社は2社あるのがわかった。

サイトを見てとりあえず期間工jpに応募の電話を掛けた。

すぐに女の人が出て丁寧に対応してくれ、あっという間に面談の日程が決まった。

とりあえず面談の日程が決まっただけでも一歩前進だ。

(ちなみにこの時はたまたま良いスタッフが対応したから良かったのだが、これ以降に応募の電話をしたら驚くほど対応が悪く二度と応募するかと思った。)

履歴書や職務経歴書を用意するように言われたので作成。

面談であれこれ聞かれる

面談の内容としては簡単な職歴や経験を聞かれた。

何か知らないが手がちゃんと動くかチェックされたり、現場系の資格持ってないか結構しつこく聞かれた。

そしてPEOとかいう正社員だけどいろんな現場をたらいまわしにされる派遣やらないか?もしかしたら未経験だから期間工落ちるかもしれないしといったことを言われたのだが、落ちてもいいので期間工に応募してくださいで押し通した。

正社員なのに派遣とはこれいかに。誰がやんねんこんな働き方。

後日、面接日が決まったとの連絡が入った。いよいよ自動車会社との面接だ。

ちなみに今まで自動車会社で働いたこともなければ周囲にも働いている人間はいない。

非常に緊張する。

ここで受からなければ人生を変える一歩が踏み出せない。

人生を根本から変えるために頑張るしかない。

【続く】

コメント

タイトルとURLをコピーしました